税理士までの道のり

business communication

将来は税理士を目指している人は、まず税理士の国家資格を取得することを目指しましょう。税理士になるにはまず税理士としての国家資格がなければ登録を行うことができません。主に税理士や弁護士などはこの国家資格が必須で、これらの職業を目指す際には必ず必要になります。国家資格ということもあり試験の内容もとても困難な問題ばかりで、一般の合格者の方の数もほんの一握りです。また受験を受ける際には学歴や職歴が確認され、一定の学歴や職歴の人のみが受験資格を得ることができます。さらに筆記試験を合格した後でも税務に関する職業で二年実務経験を得なければ税理士として登録を行うことはできません。このように税理士になるにはとても長く困難な道のりですが、それでも多くの人達が国家資格を取得し税理士として活躍するために日夜努力を重ねています。中には税理士として資格取得後、すぐに個人の税理士事務所を設立する人もいます。

税理士の資格を取得するために必要な筆記試験ですが、筆記試験は全ての科目を一度で合格する必要はありません。一科目一つ一つを計画的にクリアするのが一般的な方法で、毎年多くの方がこの方法を利用し税理士としての資格を取得しています。そして資格を取得後実務経験を二年以上経験した後に税理士として活躍できるようになります。またこのような国家試験を受けなくても、23年以上国税管公署で勤務することでも税理士の資格を取得することができます。これらの方法で多くの方が税理士としてデビューを果たしていますが、実は弁護士になることで税理士の資格を得ることができます。弁護士の資格を取得すると税理士の資格も同時に取得できるので、弁護士として働きながら税理士としても働くことができます。税理士の資格を得る方法にはこのようにさまざまな方法があるので、それぞれの方法の長所や特徴を考えて自分に最も合った方法で税理士の資格取得を目指しましょう。