国家資格Getで士業に就職~弁護士や税理士になろうよ~

business presentation

ITに関するトラブル

business meeting

ITの発展により法律の整備が追い付いていない

20世紀区半から21世紀にかけてのIT技術の発展は目を見張るものがありました。仕事や家庭の中でもITが入り込んで効率アップに繋がっています。しかしながらITを巡るトラブルの多くなっています。システムの不具合が及ぼす影響も大きくなっており、弁護士にとっても新たな業務範囲になっています。通常は事案が発生すると弁護士に相談して概算の弁護士費用をはじいてもらうのですが、システム上のトラブルは事前に影響を図ることがしにくいために費用算出が難しいのが現状です。金融機関等のトラブルの場合は影響額が計り知れないくらい大きくなる可能性があるため、弁護士の活動成果を事前に計算することが出来ないので、金額を握らずに取りあえずシステム障害の事案に取り組むことになります。

弁護士費用は基本料プラス成果報酬が一般的

以前は弁護士報酬は最低に金額が決められていました。しかしながらこの世界にも競争が必要だということになら、報酬システムは基本的に廃止されて現在に至っています。競争原理が働いているといっても過言ではありません。グローバル化の進展やITの社会的な広がりの中で弁護士の業務も多岐に渡ると同時に複雑になっています。したがって弁護士には専門性が求められるようになっており、大手弁護士事務所のようにスタッフを数多く抱えていないと事案に対応宇できないという状況になっています。そういう意味では市場の寡占化が進んでいるということが出来ます。現在でも事務所間の合併やチームごとの移動がみられ、今後も引き続きこの傾向が続くと思われます。