国家資格Getで士業に就職~弁護士や税理士になろうよ~

business presentation

拡大する労働問題

business conversation

労働問題は、社会の基本的な問題である。

労働者が安心して生活できるには、雇用が保証されている必要があります。事業者の勝手な都合で突然生活の糧を不当解雇で奪われたのでは、労働者はとてもやってられません。労働関係の法律はきちんと労働者の権利について規定してくれていますので、これらを基に会社と粘り強く交渉していくことが大切です。不当な採用取り消しがテレビのニュースになることもありますが、不当解雇も同様に紛争になることが多いケースです。中小企業だと事業者の一時的主観的な感情だけで、不当解雇を言い渡すこともありますし、いろんな理由をもってしても、結局はやめてほしくなったからという単純な理由であることも多いものです。このようなときには労働基準監督署において適宜相談に乗ってもらえますし、弁護士も対応してくれます。

不当解雇を撤回させるために。

不当解雇として弁護士を付けて裁判を提起することももちろん可能です。そのほかにも紛争解決のあっせんや仲裁をしてくれるところもあります。労働審判というスピーディーなタイプのものも利用できます。そして、最終手段は弁護士とともに裁判闘争を通じて、判決で勝訴を勝ち取る手段です。もちろん時間とコストはかかりますが、法律に照らして適正かどうかということが鮮明に判断されるわけですから、やってみる価値はありますし、同時に損害賠償を求めていくことができます。過去の判例では高額な賠償責任が認められたり、社員であることの資格確認がされたことも数多くあります。この人たちは裁判闘争の末に、雇い主の誤りを正したという評価をされることができます。弁護士冥利につきるのもこの勝訴を勝ち得た瞬間にあります。