国家資格Getで士業に就職~弁護士や税理士になろうよ~

business presentation

相続関するサービス

business negotiation

相続専門サービスを利用する際にかかる費用について

相続専門サービスを提供している業者は様々です。代表的な業者としては弁護士や税理士、司法書士などをあげることができます。どの業者を利用するかによって、受けられるサービスの内容が違ってきますし、かかる費用も大きく異なります。相続専門サービスを利用した際にかかる費用は、各業者の手数料と手続きの実費になります。手続きにかかる実費の方はどの業者を利用した場合も変わりませんが、手数料部分には違いがあります。一般論を言えば、弁護士の手数料が一番高額です。たとえば相談料一つとってみても、弁護士とそれ以外の業者とでは雲泥の差があります。弁護士の場合、30分につき5000円前後の相談料を取るようになっているケースが多いですが、他の業者はもっと低額です。ただし、相談料込みのパック料金になっている弁護士を利用すれば、それほど高額の費用はかかりません。

相続に関連するサービスはどのように変わってきたのか

少し前まで、相続専門サービスを提供している業者はそれほど多くありませんでした。相続の局面では、遺産をどう分けるかという問題が発生するケースが多いですが、お金が絡む問題に第三者を介入させたくないと考える人が多かったため、相続専門サービスに対する需要がそれほど高くなかったのです。したがって、どうしても身内同士で遺産分割協議がまとまらず、裁判で争うようになってから、弁護士を利用する人がほとんどでした。しかし、そのような状況に陥ってしまう前の段階で専門家の相続専門サービスを利用した方がよいのではないかと考える人が多くなり、それに対応すべく、様々な業者が相続専門サービスを提供するようになりました。最近では複数の専門家がチームを組んで、総合的な相続専門サービスを提供するケースも見られるようになってきています。